ブログBLOG

通信障害

早朝からauの通信障害が全国規模で起きているようですね。

復旧するまでおそらく私の電話が繋がらないと思います m(_ _)m

 

仕事にならないので早く復旧して欲しいとは思いますが、

これだけの巨大インフラを維持していくのは大変な仕事だと思います。

普段は恩恵を受けていますし、こればかりはしょうがないですね。

待ちきれない

【当社屋上からの景色】

 

今朝は久々に明確な青空が広がっています。

いよいよ来週が梅雨明けとなりそうです。

今年はひどい長雨でしたね。

5月の降水量が平年の3倍だったとかで

釣りは出来ないし草刈りは出来ないし

布団は干せないしで、人生が捗りませんでした。

 

経験則から言うと、今日みたいな長雨後の晴れの日は

会社の電話が鳴りません。

皆さんお出かけとか、洗濯や布団干したり、屋外作業したりで忙しいでしょうから。

 

とにもかくにも、梅雨明けが待ちきれません!

 

 

税金の話

今日で法人税を支払ってきました。

支払ったあとの通帳を見るとガックリきましたが、

少しは国や地域に貢献できただろうかという思いも込み上げてきました。

 

海外の先進国と比べても、日本のインフラの素晴らしさは一目瞭然です。

道路、水道、医療制度、衛生環境等、ど田舎の私の地元ですらそれらが整備されて

恩恵を受けていますからね。

先人や現役世代の皆さんには感謝してもしきれません。

 

1990年頃までは、国道58号線から私の家まで1kmぐらい未舗装の道路でした。

河川の整備とセットで道路が綺麗に舗装されたときは嬉しくて

明るい気持ちになったことを覚えています。

それまで車が通過するたびに砂埃を吸ったり目に入れていたわけですから、

道路が整備されたおかげで健康にこれまで生きてこれました。

事業を通して巡り巡って誰かの役に立っていると思うと、

私の通帳の減り具合なんかどうでもいいことだなと思います。

 

いえ、やはりよくないです!

仕切り直して稼がねば!(`・ω・´)

チャンスは一瞬

最近チャンスを逃して悔やむことがあったので

BIGBOSSの名言グッズを買いました。

肝に銘じるため、毎日視界に入れます!

雨ソング3

毎日雨が続きますが、いよいよ今日は大雨ですね。

 

草刈りは出来ないし、飛び込み営業や更地クエストも出来ません。

今日は土曜日なので登記簿は取れないし、役所で航空写真を取ることも出来ません。

こんな日は物件情報のブラッシュアップや、営業方針の見直し、読書をします!

 

いつも社内でのBGMはradikoのラジオNIKKEI第2(RaNi Music)を流しているのですが、

土曜日は音楽放送がお休みなので、今日はyoutubeで好きな雨ソングを流しています。

 

「傘クラゲ」レミオロメン

 

●LIVEバージョン

https://youtu.be/8IkEP4d23r0

 

発表当時の私は25歳で、5回目のデートで女性にフラれたときでした。

この曲を聴くとその当時の切ない思い出がよみがえります。

 

なんだかもう仕事をやる気分ではなくなってきました(笑)

譲渡日の話

とある土地の条件付所有権移転仮登記(条件 農地法第5条の許可)を

本登記にした場合、税法上では譲渡日をいつと見なすのか?

 

最近関わった案件でそのようなことがあったので調べました。

いつから土地を所有しているかで、売却後の譲渡所得への課税額が倍ぐらい変わります。

長期譲渡20.315%、短期譲渡39.63%ですからね(※2022年6月現在)。

本登記を行ってから所有期間を起算するとなると、

本登記後に即売却したら譲渡益の39.63%の税金を払うことになるので、

今後の売却時期や売却額の判断に大きな影響を及ぼします。

 

税務署に電話で確認したのと、税理士によるネット記事で確認したところ、

「物件の引渡しがあった日」が所有期間の起算日(譲渡日)でした。

今回のケースでは「土地売買契約の締結・代金決済・土地の引渡し」が

同日だったので、その日で間違いなさそうです。長期譲渡20.315%に該当しそうです。

 

しかし、本当にそうなの?という不安があります。

税務署という一次情報に当たりはしましたが、それでも100%安心できないのが不動産屋の性です。

官公庁に限らず、これまでに何度も落とし穴がありましたので。

※損害賠償に至るような取引の失敗はサラリーマン時代を含めてこれまでありません

 

売主様ご本人から税務署や顧問税理士等に直接確認していただいて、はじめて安心できると思います。

名刺

名刺を新調しました。

 

これまで白地に黒文字一色刷りでしたが、

今回は濃いブルーに白抜き文字にしました。

 

白地の方が視認性が良くて、コピーやFAXしたときに

文字が潰れにくいというのは理解しているのですが、

試しにやりました。

DMを送った時の反応が変わるかを確認したかったので。

紙質も良くなりました。

 

本当はもっとシンプルにしようと考えていましたが、

今思う最低限の情報は記載しました。

最終的にはもっと文字数を減らして青の面積を増やしたいです。

 

●工夫した点

・FAXはほぼ使う機会がないので消した

・ご年配の方からの要望で、携帯電話の番号を大きく記載した

・「たましろさん?たまきさん?」と聞かれるのでTAMAKI表記

 

世の中の大半の名刺が白地なので目立つと思います。

私の場合、変わった名刺はけっこう印象に残ります。

不動産屋に何かを依頼しようとしたときに

私の名刺が思い浮かぶことに繋がればと考えています。

 

御託を並べてきましたが、本当は・・・

Mr.Childrenの4thアルバム「Atomic Heart」のジャケットみたいに

したいとずっと考えていたからです。

不評ならまた次の案を考えます。

金魚のその後

3月に生まれた金魚について、室内飼いの精鋭達はすべて譲渡済みです。

生き物が増えがち

事務所が広くなったし、静かになりました!

夏は事務所の湿気がやばくなりそうだったので、引き取り手が現れて助かりました。

 

外飼いの子たちはそのまま育ててみようと思います。

事務所と自宅で分けています。

環境により差異が現れるのかを観察していましたが、

外飼いの金魚は黒っぽくなりますね。

室内飼いでも水槽を置く位置によって体色が変わりました。

浴びる光の量で変わるようです。

 

毎朝3つの水槽の水換えを行っていたので、その手間が減って一安心です。

しかし、この子たちの親は、秋にも卵を産むかも知れません・・・

今の外飼いの子たちの様子を見て外飼いでも十分育つなら、

次からはすべて外飼いにします。

 

 

草刈りの話

今年の梅雨は中休みが少なくて草刈りが捗りません!

雨で作業できないうえに、一年で最も草木の成長が著しい時期です。

2週間経つと成長が早い草は、すねの高さぐらいまで伸びます。

 

●知り合いに見かけられがち

草刈りをやっていると、よく知り合いに見かけられます。

「あの時、あそこで草刈りしていたでしょ~」って感じで大体後日に言われるのですが、

その時に声かけてくださいよ!と相手に言いますが、私も同じ場面に出くわしたら大体スルーします(笑)

 

●運

草刈りをすると運を呼び込む気がします。

近所の方から声を掛けられて仕事に繫がったり、

まったくの別件で仕事が舞い込むとか、良いことが起こりがちです。

 

●愛着

草刈りしていると、土地に対して愛着が湧きます。

自分だったらここをどう活用するかとか妄想しています。

いろいろ観察もして、気付いたことを重説・物件状況等報告書にまとめたりしています。

悩める若者向けのライフハック

たまにする妄想。

今の記憶を持ったまま過去へタイムスリップしても不動産業界で働くか?

 

間違いなく別業界で働きます。

農業や畜産等の生産者がいいですね。

生産者も大変だと思いますが。

売買不動産仲介の仕事は大雑把に言うと「解決」の仕事で、

いろいろな人間の考え、欲、正義感等がぶつかり合うことが多く、

しんどいことが多々あります。

 

ただ、この業界に入って良かったことは、面白いことをしている大人と多く出会えたことです。

端くれの営業マンが、普通は会えないような会社の社長さんや役員の方々と絡める仕事って、そんなにないと思います。

不動産の仕事って、案内から物件引渡しまでの期間は密な関係になりますからね。

そこで色々面白いお話を聞かせていただいています。

私は賃貸の営業マンを6年ぐらいやって、売買の仕事に初めて携わったのが33歳の時でした。

20歳ぐらいで売買の仕事に出会っていたらよかったのに等と考えています。

 

実家が貧乏で親に頼れない若者や、何をしたら良いか分からない若者は、

面白いことをやっている大人と出会う期待値が非常に高いので、

売買不動産の仲介はおすすめです。

賃貸じゃなくて売買ですよ!

あと、売買の中でも「土地売買の仲介」が期待値高めです。

マンションや建売住宅よりも、更地から何かを始めようとしている人が面白い人物であることが多いからです。

面白いことをやっている大人に気に入られたら、不動産屋の仕事を辞めて

その人のお世話になるのもいいと思いますよ。

不動産業界は人の入れ替わりが激しく、それだけしんどいこともある仕事ではありますが、

楽しいことを見つけて辞めていった人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、自分が不動産屋として独立する道もあります。

宅建の資格と500万円ぐらいお金を作れたら足りない分は公庫から借入して事業を始めることができます。

比較的新規参入がしやすい業種です。

宅建の受験資格はありません。年齢、学歴、国籍を問いません。

合格しても前科があると刑の執行を終えて5年は資格登録できませんが、

基本的にはすべての人に開かれた資格です。

 

本当は私が雇用を作れたらと思っているのですが、まずは会社の体力づくりが先です。

今はこんな情報提供ぐらいしかできませんが、いつかは新人さんを迎えたいと考えています。

生産者への憧れ

先日、地元の先輩が飼っているヤギと遊びました。

名前はハナコ(二代目)だそうです。

なお、初代も健在のようで、名前のバリエーションが

尽きたので再度ハナコと名付けたとのこと(笑)

犬みたいに懐いてくれました。

 

やはり生産者はかっこいいですね。

憧れます。

営業マンを辞めた後のことも考えていて、

自宅の裏山を畑や牧場に整備しようとしつつも

なかなか手を付けられずにいます。

昔は段々畑にしていたようなので、その痕跡も探しつつ、

将来の準備に取り掛かります。

まずは不動産の仕事の体力を付けるのが最優先ですけどね。

段々畑や牧場の中に事務所を構えるのもいいかも。

パシリ回避で期待値を高める話

◆はじめに

 不動産仲介のご依頼や、同業者さんから共同仲介のお誘いということでしたら

 喜んでお手伝いさせてもらっています。

 

 

たまに、一緒にビジネスをやらないか?というお誘いや

〇〇組合に入らないか?みたいな勧誘があるのですが、

すべてお断りさせていただいています。

 

多分、私にもメリットのあるお仕事だったり

〇〇組合に加入することで仕事を回してもらったり

することもあると思うのですが、それでもです。

一人で事業をやっているので、極力フリーでいたい

というのが理由です。

 

大体においてお誘いがあるのは年上の方です。

何かの集まりがあると私が最年少か下から2番目に若いことがほとんどです。

また、県外の方が沖縄の事業で協力業者として私を・・・というパターンもあります。

これらは構造的に私がパシリとなるおそれがあります。

最初から私をパシリにするという意図がなくとも、

時間が経つにつれてそうなるのが目に見えます(笑)

良かれという思いでのお誘いでしたら大変ありがたいことなのですが、

これは構造的な問題です。意図せざる結果が生じます。

パシリは本業以外の動きになるので私のモチベーションがダダ下がりです。

かなり偏見が入っているかも知れませんが、経験則を信じます。

パシリにされないように振舞うにしても、逆にこちらが相手を利用しようと考えるにしても、

脳のリソースを割いて対策を練るわけですから、そこにリソースが取られるぐらいなら

飛び込み営業を1件でもこなしていた方が売上の期待値が高いと考えます。

 

こんな感じでやっていて、出会いとか売上とか

いろんな可能性を閉ざしているのは理解しています。

しかし、一瞬のチャンスを逃したくないですし、モチベーションも維持したいです。

人をあてにするよりも、自分の経験則・能力・運に賭けます。

 

仲間と仕事をする楽しみもあると思いますが、

今の私にとってはこれらの方法が最適と考えています。

まだまだ会社の体力に余裕が無いので自分のことに集中します。

なので、私が断ったからといって悪く思わないでくださいね m(_ _)m

お問い合わせContact