解説

高台から海を望む土地建物が出ました!

見どころが多く、いろいろ説明があって長くなります  m(_ _)m

 

 

●間口付近

国道58号線沿いの「道の駅 おおぎみ やんばるの森ビジターセンター」さんの

北東側の村道を約1900m上ると、坂道の向こうに青いタンクが見えてきます。

タンクが見えたら左手に最初の進入口が現れます。

そこがこの土地です。

村道の向こう側からすぐに敷地となっています。

 

●門から入って左側のエリア

マンゴーハウスがあります。マンゴーの木もそのまま引渡しです。

普段手入れしていないこともあってか、2022年の夏は実が成りませんでしたが、

以前は実が成ったそうです。

木は生きていて、大小9本あります(手入れしたら実が成るかも?)。

 

マンゴーハウスの東側にはコンクリートの基礎があります。

これを活用して木造住宅や倉庫等を建ててもいいですね。

※木造コテージ用として作っています。重い建物は想定していません。

 

●コンクリートブロック造スレート葺平家建

79.38㎡(24.01坪)、3DK、2000年築

マンゴーハウスから奥に進むと、CB造の住宅があります。

ウッドデッキがいい感じです!奥には塩屋湾と東シナ海が望めます。

ヤシの木、ヘゴの木、リュウキュウマツ、カンヒザクラ等、

沖縄らしい木がいっぱい生えています。

 

間取りは3DK、洋室1部屋・和室2部屋です。

DKと洋室の間の襖を取ればLDKとして使えます。

和室もいい雰囲気ですね!

 

●コテージ2棟(木造亜鉛メッキ鋼板葺平家建)

20㎡(6.05坪)、ワンルーム+ロフト、2017年築、◆未登記、◆旅館業の営業許可済

ご覧のとおり、眼下にはやんばるの森と塩屋湾、奥には東シナ海を望みます。

 

●コテージ東棟

 

●コテージ西棟

◆コテージは2棟とも旅館業の営業許可済で、現在も営業中です。

営業中でもありますから、敷地に勝手に入らないようにお願いします。

ご見学は必ず当社と同行をお願いいたします。

 

 

●留意点

 

◆本物件は売主が外国在住の外国人であり、日本人の代理人を立てて売却します。

 本国で宣誓供述書を作成し、やり取りすることになります。

 コロナ禍で郵便の配達に時間がかかることもあり、諸手続きに時間を要します。

 物件引渡しまでは複雑な手続きを踏み時間を要しますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

◆事業用で購入する場合・買主が法人の場合は、売主が負担する源泉徴収税(売買代金の10.21%)を

 代金決済の翌月10日までに買主が代納することになります。

 売主には源泉徴収税を引いた金額を支払い、税額分を買主が代納のために預かるかたちにします。

 手付金・中間金であってもその都度、以上の手続き・代納が必要です。

 これは、売主が外国人で非居住者のときは納税から逃げると追えないための措置の様です。

 ただし、「購入者が個人で、その不動産を自己または親族の居住用、売買代金が1億円以下」

 であれば、代納の義務は生じません。

 

◆コテージ2棟が未登記であり、購入希望者が銀行から借入する場合は、

 登記しないと融資が下りないかと思われます。

 なので、できれば現金購入のお客様であれば話が早いです。

 上で言及したように、外国の宣誓供述書を郵送でやり取りするのですが、

 それは委任事項をすべて記載する必要があるので、

 ある程度話を固めてから宣誓供述書の作成を一回で済ませたい考えがあります。

 現金購入であれば少なくとも建物表題登記を行う必要はありませんから、

 融資で購入するよりも簡単な手続きで取引が出来ます。

 

◆測量無しで現状有姿売買となります。売主の契約不適合責任・瑕疵担保責任は免責となります。

 

◆登記地目は「山林」ですが、農業委員会で土地全体が「農地」として登録されています。

 一般的には売買する際に「農地法第5条の転用許可申請」を要しますが、

 いま大宜味村と相談して「非農地通知書」で売買が対応できるように協議中です。

 

◆土地の大半は急傾斜地で活用が難しい地形です。また、森林法に定める森林区域に入っていますから、

 伐採には制限があります。

 

 何らかのかたちで活用できそうなのは水色で囲った辺りになります

 (正確な図面ではないので目安として見てください)。

 あとはすべて急傾斜地です。

 ※地形の調べ方は、下のリンクを参考にしてください。  

 

地形を事前に知りたい

 

 例えば、上のようなまだ歩けるような傾斜地は、ミカン等の果樹を植えてもいいと思います。

 ※森林法の手続きを行ってからになります!

 

◆南側隣地も別契約(別の売主)で売出中です。

 農振農用地区域内のため建築不可ですが、地目が山林のため売買は可能です。

 13,963㎡(4223.80坪)、本件土地と合わせると37,211㎡(11256.32坪)と

 一万坪越えになります。この土地の詳細は下のリンクをご参照ください。

大宜味村 白浜4223.80坪

 

下のボタンをクリックすると「物件概要書・航空写真・公図・地形図」をダウンロードできます。

データはA3用紙のサイズを基にしています。

お問い合わせお待ちしております。

 

◆他の不動産業者が広告に出している物件も、当社で仲介できることがあります。

 気になる物件がございましたら、ぜひ当社へご相談ください!

物件詳細情報

所在地大宜味村白浜435-53 価格4,800万円
物件種別売地 仲介手数料1,650,000円
土地面積23,248m²(7,033坪) 管理費
土地権利所有権 管理形態
用途地域無指定 固定資産税104,149円
地目山林 管理会社
地勢高台 修繕積立金
環境山林 建ぺい率
都市計画都市計画区域外 容積率
構造コンクリートブロック 接道状況一方道路
間取り3DK 接道状況位置指定
建物面積79m²(24坪) 接道 接道方向:西 間口約77m 幅員約7m
築年月2000年6月(22年)
駐車場有(台)
総戸数3 現状営業中
取引形態仲介 引渡相談
備考

◆物件掲載内容が現況と異なる場合には、現況を優先するものとします。

物件地図