ブログBLOG

本日の海の様子

当社裏の天然ビーチの様子です。

今日は雲一つない最高な天気でした!

 

年度が替わって、いろいろやることがありますが、

軽く海を散歩するだけでリフレッシュできます!

恵まれた環境で仕事が出来て幸せです。

田舎の土地探しあるある

これは声を大にして主張したいことなのですが、

田舎の土地探しは以下のことに注意を払ってご見学することをおすすめします。

物件広告の写真や航空写真、ストリートビューで事前に分かることもあります。

 

【やんばるの土地探しあるある】

①上水道本管までの距離が遠い

これが一番です。引込み工事代で1mあたり2万円(※目安です。現場の状況により金額が変わります。)だとしたら、

500m引き込むと1,000万円。土地代より高くつく恐れがあります!

都会ではインフラが整って当たり前という感覚があるかと思いますが、

田舎でそれは通用しません。

田舎、特に山の中は上水道が通っているかは必ず確認してください。

都市部が如何にお膳立てされてインフラが成り立っているのかを実感するはずです。

 

個人的にも土地を探していて安い土地をネットで見つけて色めき立ったものの、

水道が周辺に敷設されてなくてガッカリ・・・というパターンが多いです。

 

●水道が敷設されているかどうかの簡単な見分け方

①周辺に家や建物がなかったら、そこはほぼ水道が未整備です

②道路のアスファルトに細長く長い距離を工事した形跡がある → 道路開通後に水道を敷設した可能性あり!

 

水道が近くまできていたら先人に感謝しましょう!

 

②街灯が無くて夜が暗い

物件を見学するときは日中がほとんどだと思います。

見落としがちなのですが、土地の前や周辺道路等に街灯があるかも見てください。

田舎で生まれ育った私としては夜に周辺が暗いのは当たり前ですが、

都市部から来た方には不安を覚える方もいらっしゃるかと思います。

ちなみに、街灯は大体において字(自治会)が設置して電気代を負担しています。

なので、基本的に住宅街にしか街灯はありません。

山の中に街灯はありません。

 

③「がけ」に接している

やんばる(漢字で書くと山原)と言われる通り、起伏が激しい地形が多いので、

当然がけに接している土地も多いです。

その際は擁壁設置をしないと建築が出来ない恐れがあります。

下手したら擁壁工事代だけで1,000万円オーバーすることも・・・

下のURLにて、がけ条例の概要をまとめています。

http://beach2103.com/wp-content/uploads/document/cliff-regulations.pdf

 

中古建物を買う時も注意が必要です。

建築時に擁壁工事をしなくて既存不適格となっている建物が散見されます。

今は緩かった時代とは違いますから、再建築時には擁壁工事を要する恐れも

想定しながら高低差に注意を払ってください。

 

④自然公園法の特別地域に入っている

海岸沿いや本部町・今帰仁村だと山間部、つまり風光明媚な場所は自然公園法の制限を受けている可能性が高いです。

詳しくは下のリンクにまとめています。

【留意点】自然公園法の制限について

 

⑤防災無線のスピーカー

これも都市部から来ると馴染みがないかも知れません。

周辺の電柱や公共の建物にスピーカーがないかを見てください。

多くは朝7時、お昼12時、17時の定時チャイムが鳴ります。

また、公民館や役場からのお知らせが不定期であります。

災害時に危険を知らせる目的のものなので音がうるさくて当たり前です。

向きを変えることも当然できません。

県外から移住してきて防災無線がうるさいと苦情を入れた人の話を聞いたことがありますが、

向きを変えたら、例えば避難喚起の放送が本来届く所に聞こえなくなったら大変ですよ。

 

⑥周辺に家が一軒も無い

多くの場合は建築が出来ない制限があります。

代表的なのは農振農用地区域です。農業以外の活用が出来ません。

あとは、単純にインフラが届いていないから誰も家を建てないパターンです。

 

 

これら以外にもいろいろ注意を払うことはあります。

例えば、

・盆地で真ん中に川が通っていたら、異常気象時には川が氾濫する恐れがあります。

・畑で野菜を育てていたらイノシシに掘り返されることもあります。

・路線バスが通っていない、もしくはバス停まで遠すぎる。

書くとキリがないので今回はこのへんでおしまいにします。

地形・インフラ・周辺環境はよく観察して見学することをおすすめします。

 

 

釣果報告

先日、とあるポイントで釣りをしてきました。

狙う魚種はカーエーです。

 

日中は良く晴れて暖かくなる予報でしたのでライバルが多いと思って

夜明け前から現地入りしました。

那覇から同級生も参加するので場所取りできて一安心です。

というか、遅刻魔として定評のある人物なので

半分来ないものだろうと思っていましたが、

とりあえず場所取り成功を報告しました。

 

ウキが見えるようになったら実釣です。

同級生からはまだ返事がありません。

すやすやの予感が的中でしょうか。

 

それなりに魚も見えて、また去年の同時期に同じ場所でカーエーが釣れたものですから

期待大でしたが、なかなか渋い状況でした。

隣に入ってきた釣り人さん曰く、「昨日身内がここに来たけど釣れなかったってよ」

 

 

・・・(完)

 

 

開始して80分後ぐらいにオジサン2連発!

希望が見えてウキウキでしたがこの時が全盛期で、

その後は撃沈・・・

 

結果、掛かったのはあの2匹だけで、

持ち帰ると決めていた1匹は25cmでした。

煮付けにして食べます。

ボウズは免れましたが今年初カーエーを釣りたかったので

悔しい釣行となりました。

 

ところで・・・

那覇から参加すると言っていた遅刻魔が到着したのは釣りの終盤(知ってた)。

しかも釣り道具を持参せずでの参加(笑)

↑ 私が仕事の電話対応中にバトンタッチしに来ただけでした(笑)

 

 

時代は山!

日曜日に自宅裏山の整備を一年ぶりに行いました。

しばらく山の人になります。

今年は桜が綺麗に咲いていますね。

これはたぶん自然に生えた桜です。

予期せぬ倒木防止のために大きめの木を倒して、枝を落として道を開けたりしました。

徐々に花の咲く木、実のなる木を植えるつもりです。

今から植えておけば、オジーになった時も楽しめますからね。

季節ごとに楽しめるようにいろいろ植えます。

夏のジャングルは湿気で死にそうになるので、こういう作業は冬にしかできません。

あと、ハブも出そうなので今のうちに綺麗にします!

昔はずっと上まで段々畑だったそうなので、その痕跡を探すのも楽しみです。

 

そんな矢先、作業をしているとこんなん出てきました・・・

 

 

:(;゙゚’ω゚’):

 

 

ショックのあまり山の人になることを断念した私は、さっそく海を訪れました。

やっぱ海ですよね。

先にフカセ釣りをしていた同級生がイスズミ・シャクチを釣っていました。

途中参加の私は時間もあまりないので打ち込みで勝負しましたがあえなく撃沈・・・

またリベンジですね。

 

1月までの忙しさからやっと解放されたかと思ったら、昨日からまたいろいろ動き出しました。

釣りはしばらくおあずけです(›´ω`‹ )

 

山の作業は短時間でもコツコツできるので、やっぱ山の人に復帰します!(`・ω・´)

 

2020年 釣果の思い出ベスト5

今年はコロナ自粛や独立開業したこともあって、

あまり釣りに行くことが出来ませんでした。

 

寒くなってきましたし、こんな状況で絶対風邪をひくわけにはいかないので、

今年はもう釣りに行くことは無いかと思います。

なので、今年の釣果の思い出ベスト5を振り返ってみます。

 

第5位 オキナメジナ(グレ)32cm

めったに釣れない魚!

パンパンに太っていました。

ドラグを出されて最初のダッシュはカーエーかと思いました。

釣りのコマセや針に「グレ」と名前が付く商品が多いのですが、

この引きの強さで納得。これはハマります。

沖縄にはあまりいないので馴染みはなかったのですが、

北の方に行けば尾長グレもいるらしいので、

狙ってみたい魚です。

 

第4位 ミナミクロダイ(チヌ)38cm

気温10.5℃のなか夜明け前からポイントを押さえた甲斐がありました。

このポイントで初めてチヌを見て大興奮!

メジャーな魚ですが、通うポイントにあまりいないので、

実は釣った回数はまだ3度だけです。

美しい魚で食べても美味しい最高の魚です。

釣りあげたときに竿を折ってしまいましたが、

そんなことはどうでもよくなる一枚でした。

 

第3位 ゴマフエダイ(カースビー、マングローブジャック)推定35cm

餌ではなくルアーでいい魚が釣れると感激するのですが、

500円以下の安いルアーで釣れたというのがなお嬉しい一枚。

根掛かり回避のためのポッパー、スプーン無限投げが通用せず、

根掛かりリスクを負ってミノーを使ったら一発で食ってきました。

かっこいい魚です!

ちなみに、開業前にルアーを店頭で販売できないかを考えましたが、

宅建業の店舗内での販売はダメということが分かり涙しました(›´ω`‹ )

 

第2位 ゴマアイゴ(カーエー)36cm

4位のチヌと同じ日に釣りました。

一番大好きな魚で、暴力的な引きに中毒性があります。

色合いも美しいです。釣り上げたばかりのときは白く輝いて見えます。

今年は二枚しか釣っていませんが、来年は仕事に余裕が出来たら追いかけます!

やっぱりカーエーは永遠の憧れです。

 

第1位 ミナミマゴチ60cm

この日は釣りをするつもりはなかったのですが、

わざわざ那覇から同級生が釣りをしに来ているとの報せがあり、

念のため車に積んでいたルアータックルで急きょ参戦。

メッキの切り身で打ち込みをしていたら、まさかのコチ(笑)

しかもTシャツと完全に同化しています。

隣で釣りしていた高校生にタモ入れしてもらい、

釣り場が盛り上がったのも良き思い出です。

ブツ切りで煮付けにして食べたらめちゃくちゃ美味しくて感動しました!

調理込みでぶっちぎりの1位でした。

 

釣りをしていると怪物が現れたり事件がよく起きるので、

動画も残していきたいと考えています。

釣りは仕事や人生の示唆に富むことがあまりにも多いものです。

ライバルが増えるといけないので多くは語りません!

たまには釣りをする余裕が出来るように目の前の仕事を精一杯頑張ります!(`・ω・´)

夏の訪れ

完全なる夏の到来ですね()

写真は昨日の当社裏のビーチです。

 

今日も蒸し暑いです(›´ω`‹ )

物件調査の日々

今日は久々にお会いする同業者さんを訪ね、

今帰仁のとある山へ行ってきました

何度見ても素晴らしい景観!

ここに家を建てたら、きっとお城の主の気持ちが分かるような気がします

奥に写る島は古宇利島です!

 

疲れていたので午後から休むつもりでしたが、

なんだかんだで夜まで仕事でした(›´ω`‹ )

 

明日は大北→大宜味→国頭と北上しながらのお仕事で、

明後日は朝から浦添でお仕事です。

なので、明日あさってはほぼ店舗を不在にします。

いつもお店が閉まっているといろんな方に指摘されるのですが、

ちゃんと仕事していますよ(笑)

本当はライバルの少ない平日に釣りしたいけど

平日は一切封印しているぐらい仕事を頑張っています。

あとは、キャッシュが入ってきたら完璧です。

あちらこちらへ行くのは楽しみもありますが、

座してキャッシュが入ってきませんかね?

明治神宮になりたいです・・・(›´ω`‹ )

 

週末に売買物件を3件広告に出す予定です。

上記の今帰仁の山と、まだ市場に出ていない物件2件です!ᕙ( ‘ω’ )ᕗ

当社裏の海

今朝の当社裏のビーチの様子です。

最高な天気です!

まだまだ日差しは強いですが、影に入れば風が心地よいです。

何度も言いますが、最高な環境で仕事をしています。感謝!

 

こんな日はIQ2ぐらいで何も考えずに人生を謳歌したいものですが、

頭をフルパワーで使う仕事が多くて涙目です(›´ω`‹ )

 

ただいま15:38、しばらく草引きして頭を休めようと思います。

フーチバーの魅力

暑いなか当社裏の墓地付近を掃除していたおばさんに

飲み物を差し入れしたところ、フーチバーをいただきました(笑)

 

道にいっぱい生えているからあんた植えなさい

と言われ、面白そうなので植えてみました。

 

数年前に自然から採取したものだけで天ぷらを作った際に

フーチバーが一番美味しかったのを思い出しました。

タナガー(テナガエビ)より美味しかったです。

 

引き抜いた草を溜めていたのがいい感じに腐っていたので、

その上に土をかぶせて植えてみました。

無限に増やします!ᕙ( ‘ω’ )ᕗ

一級磯を攻める!

先日、初めて一級磯のクイシへ行ってきました

岩が牙の様に突き出している地形で、転んだらケガ不可避です

 

しかし、そんな場所だからこそ魚影の濃さは抜群!

イスズミとオヤビッチャの大群が眼下に広がる状況でしたが、

魚が擦れまくりで仕掛けをすぐに見切られ涙目での戦いが続きます・・・

 

そんななか、会心のアタリが!

イスズミ30cm!

サイズの割にはかなり強い引きでしびれました

 

完璧なフッキングが炸裂!

 

あとはダツ3匹、オヤビッチャ3匹が釣れて全部リリースでした

屋部海岸について

当社裏のビーチですが、名護湾を最も美しく鑑賞できる場所だと思います。

天然の砂浜が美しいですね。

当社とビーチの間(120m)は墓地と保安林がありますので、

周辺が開発される可能性は低いと考えています。

ずっとこのまま美しい景観が保たれることを願っています。

 

ちなみに、借りている駐車場にゴミが捨てられたり

海で遊ぶ方が勝手に駐車したりで残念に思うことが多々あります。

お客様が来ないときは車を止めても構わないのですが、

その代わり、土地・建物を売ってくださる方を紹介してください!!!

よろしくお願いします!

【留意点】自然公園法の制限について

やんばるには風光明媚な場所が多く、当社で募集広告を出している売地も複数あります。

綺麗なところには付き物の「自然公園法の制限」ですが、

制限を知らずに買うと実は希望の使い方が出来なくて後々泣きを見ることになりかねないのでご留意ください。

原状回復を命じられることと、罰則の可能性もあります。

 

制限の代表的なものとして、隣地・道路から建物を5m以上離さないといけません。

ということは、土地の幅が10mを切ると建築できるスペースがありません。

第2種特別地域では、集合住宅やホテルを造るときは建ぺい率が20%・容積率40%となります。

 

以下に情報ソースをまとめましたので、自然公園内の物件売買を検討している方は

参考にしていただけたらと思います。

 

●国立・国定公園特別地域内での各種行為に係る許可基準の概要

概要 コメント入り

↑ 大まかな内容は上の資料にまとめられています。

 

●自然公園法施行規則第11条(基準部分)引用関係整理表

https://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/shizen/koen/documents/shizennkouennhousekoukisoku.pdf

↑ より細かい内容は上のリンクからご確認ください。

 

●自然公園法の条文

https://www.env.go.jp/nature/np/law/newlow_all.htm

↑ 原状回復の命令に関することや罰則等が記載されています。

 

沖縄海岸国定公園区域図

https://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/shizen/koen/kaigannkokuteikouen_kuikizu_hogokiseizu.html

↑ 自然公園法による制限の対象地図です。

 

下はすべて第2種特別地域の写真です。制限はいろいろありますが、それだけ美しく守りたい自然が身近にあるということなので、うまく自然と調和しながら活用していただくことを願っております。

お問い合わせContact